スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白根三山縦走②

2~3日目です

2日目はサブザック行動でした

PA240055_convert_20091106180317.jpg
明け方の富士 曇りでも存在感抜群

PA240057_convert_20091106182039.jpg
いざ間ノ岳へ 白いものがチラホラ

PA240058_convert_20091106180501.jpg
途中の中白根岳 ここも3000m超えてました

PA240061_convert_20091106180534.jpg
間ノ岳登頂

PA240064_convert_20091106180624.jpg
間ノ岳から見た富士 稜線上では富士山が見えっぱなしでした

PA240067_convert_20091106180807.jpg
PA240068_convert_20091106180836.jpg
稜線を眺めつつ農鳥岳を目指す

PA240073_convert_20091106180941.jpg
農鳥岳登頂 その後テントのある北岳山荘まで帰って寝ました

3日目、起きるとショッキングな光景が・・・

PA250082_convert_20091106181050.jpg
テントが雪に埋まってました

PA250089_convert_20091106181406.jpg
山もすっかり雪を被っていました

PA250092_convert_20091106181435.jpg
雪と雲海

PA250093_convert_20091106181459.jpg
下山します ガスってましたが雪はやんでいました

PA250097_convert_20091106181600.jpg
PA250098_convert_20091106181635.jpg
PA250099_convert_20091106181659.jpg
雪道を下ります 獣の足跡がチラホラありました

PA250100_convert_20091106183721.jpg
下界は紅葉真っ只中

PA250104_convert_20091106181842.jpg
ラストは紅葉のアーチをくぐり下山

この後松本に帰りました
温泉?はおぶ~で、夕食は和でいただきました。

3日間とも天気が違い、三者三様の山の景色が見れてよかったです。
急登が多いですが、景色は最高の山でした。

文責:孔明
写真提供:壁ちゃん








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ブログの更新ご苦労様です。

途中で雪に降られたけど、むしろきれいな景色が見れてよかったと思いますi-1楽しい山行でしたー

年寄りの心配

こんばんは。
後輩の皆さんが山でどんな活動しているのか、いつも見せてもらってます。
最近の山歩会の報告見てると、ほとんど個人山行みたいなのが多いですね。
こうした山行は、会の活動としてどのように位置づけられ計画されているのでしょうか。
10月も下旬になれば白根は厳しいです。突風もあれば吹雪もある。
装備・訓練はきちんとしているのかな? 岩もやりたい人がいるみたいだけど、ロープの使い方、誰か教えてくれてる?
留守番だけじゃなく、事故に備えて動ける体制とってる? 計画書、県警に出してる? 反省会開いて記録回覧してる?
携帯つながらない所もまだまだたくさんあるよね。無線の免許持ってる人いる?
天気図はみんなが書ける? 地図読めない人いないよね?

積極的に山を楽しむのは素晴らしいことだけど、なんか面倒な部分は省略して、てんでに競って上を狙おうって感じがしてちょっと心配してます。
信大は地元なだけに、山の事故を起こすと、とても厳しい責任がふりかかってくる。
会だけの問題じゃ済まされなくなる。
この辺で一度、原点に戻っていろいろ点検してみることをお勧めします。
年寄りのお説教で、ごめんなさい。

re 山で働く卒業生さん

ご意見ありがとうございます。
おっしゃるとおり、今年の山行は突っ走っちゃった計画のものが多かった気がします
安全面、計画面等、冬のあいだに考えようと思います

No title

卒業生の方にこれ程までに気にかけていただき、ありがとうございます。山歩会もこのように卒業生に愛されていると思うと本当に嬉しい限りです。卒業生の方がご指摘されるように、確かに現在の山歩会では、登山をする上で様々な点で問題があると思われます。
山のオフシーズンに入った今、もう一度初心に戻り本来あるべき登山について考えたいと思います。今私は2年生の身ですが、後輩の指導はおろか自分自身も山に関して勉強が足りません。
今後山歩会が成長するよう、我々で頑張っていきます。是非、卒業生の方には温かい目で活動を見守っていただけたらばと思います。他にもご指摘などがございましたら、よろしくお願いします。改めてありがとうございます。

考えて下さってありがとうございます

伊藤様、古屋様

11月にコメントさせていただいた者です。
年寄りの小言に対して、真剣に受け止め、考えて下さって、ありがとうございます。

私がコメントした後に、富士山で海外遠征レベルの人が、登山計画書を出さずに遭難する事故があり、またこのところの悪天で、南アでも他の山域でも、自分では「大丈夫だと思った」けれど、無事では済まなかった事例が続いていることは、皆様も御承知のとおりです。
そのいずれも遭難の結果、本人や家族、所属組織に大きな影響が及ぶのは間違いありません。

どれだけ対策を考えても、自然が相手である以上、完璧はないと思います。
けれど、装備や技術の確認、計画書の提出と山行後の検証など、最低限守るべき基本があるはずです。
そして何よりも、山歩会としての山行の目的は何か、それにかなった活動とはどのようなものか、皆様で考えていくことが大切かと思います。

特に今回レスを下さった御二人には、こうした点を心に留めて会を運営し、発展させていかれますよう、お願いいたします。
皆様の今年の活動が楽しく安全でありますように、お祈りしております。




プロフィール

信州大学山歩会

Author:信州大学山歩会
信州大学山歩会のブログへようこそ!

こちらでは
・企画の予定
・活動報告
等を中心に更新していきたいと思います。


もし何か質問、入会希望などございましたらこちらへメール下さい。
sampokai09@gmail.com
もちろんコメントでもお待ちしてます!

最新記事
カテゴリ

openclose

最新コメント
山歩会掲示板
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
  • 山歩会掲示板
  • 管理画面
  • QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。