FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓鬼岳

夏休み初日の8月3日に餓鬼岳に行ってきました。

当日は気温が33度まであがり、雲が殆どなかったのでかなりシンドイ山行でした。
そのこともあり写真がかなり少ないですが、大目に見てやってください。



今回の山行の参加者は4人。みんな雨で中止になった7月21日の餓鬼岳企画からのリベンジ組です。物好きな連中です。


白沢登山口からしばらくは鬱蒼とした森の中を歩きます。
GEDC0034.jpg




森の中をしばらく進むと沢沿いに梯子と木道が続く場所に出ます。
GEDC0036.jpg
こっちみんな

GEDC0044.jpg

梯子・木道は木が腐っている箇所もあり、結構神経を使いました。


沢の上流の鎖場のあたりは道もかなりせまく面倒な感じでした。
GEDC0040.jpg
上の写真が大体そのあたりです。中央右あたりにあるのが登山道です。獣道とか言わない。


途中いくつかの滝の横を通り過ぎて、沢筋から離れたあたりから道が急登になり、
みんなの顔が徐々に死に始めます。

ここから大凪山あたりまでの写真は一枚もありません。というか記憶も殆どありません。
暑くて汗が滝のように流れたこととみんなの顔が死んでいたことだけ覚えています。


大凪山直下のザレ場はかなりの危険品でした。帰りに滑って膝打ったし



大凪山の後の登りは特に触れることもないのでスルー。


そんなこんなで頂上到着。
GEDC0050.jpg



頂上からの展望は最高でした。雲で後立山連峰が見れないのが残念でしたが。


GEDC0047.jpg

裏銀座
GEDC0048.jpg



頂上で昼食をとった後はさっさと下山。


途中であまりに暑かったので↓の滝で滝浴び。気持ちよかったです。
GEDC0046.jpg
滝浴びの写真がないのはデジカメが完全防水ではないため。


その後の↓の写真のあたりの河原で若干ルートを見失いました。
GEDC0045.jpg
この写真登りの時のだよね? っていうツッコミはいらない。

河原だとなぜか○が全然見つけられなくなる現象に誰か名前を付けてほしい。


その後は特に危ない場面もなく、無事に下山。


天気も良く、滝浴びもできたし大きな事故もなく帰ってこれたので
良い山行だったのではないでしょうか。


写真・文責:板橋






ガス代は一人約200円というリーズナブルな山行でもありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

景色めちゃめちゃすごいですなぁ!
でも餓鬼岳はきつそう笑
今年もサウナ登山の季節ですね。
プロフィール

信州大学山歩会

Author:信州大学山歩会
信州大学山歩会のブログへようこそ!

こちらでは
・企画の予定
・活動報告
等を中心に更新していきたいと思います。


もし何か質問、入会希望などございましたらこちらへメール下さい。
sampokai09@gmail.com
もちろんコメントでもお待ちしてます!

最新記事
カテゴリ

openclose

最新コメント
山歩会掲示板
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
  • 山歩会掲示板
  • 管理画面
  • QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。