FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙高・火打 2日目

妙高・火打2日目です。

2日目は「火打の山頂でご来光が見られたらいいね」ということで、
まだ月が夜空に煌々と輝いている時間から行動開始です。
308_20111017232214.jpg

暗闇の中、ヘッテンの光を頼りに登っていくといつのまにか山頂に到着。
あれ?こんなすんなり着いちゃうの?っていう感覚で着いちゃいました。
予定より早く着いてしまったため、ご来光まで山頂で待つことに・・・。

しかし、山頂はガスってる&風が吹き抜けて寒い。
ザックを盾に寒さに耐えるイナダ
169.jpg

そうして待つことしばらくして遂に太陽が顔を出します。
331.jpg
待ちに待った太陽をカメラに収めるひとびと
179.jpg
時折、ガスの切れ間から朝日に染まる雲海が・・・。
348.jpg


記念写真
204_20111017232543.jpg
火打だけに火打ち石をイメージ。


ガスがまたひどくなってきたところでテン場に戻ります。
360.jpg
登ってる最中は暗くて見えなかった周囲の景色が見れて、なんだか得した気分。

かたつむりも朝のお散歩
401_20111017232658.jpg

きのう歩いてきた木道が奥に見えます。
396.jpg
この日もここを通って帰るわけですが。

テン場まであと少し!!やっほ~~~~~いっ!!
405_20111017232730.jpg

406.jpg
しかし、やはりテン場らしきものは見えず・・・。
見えるのは茂みのみ。


テン場へ着いて朝ごはんを食べ、いざ下山です。
木階段
423.jpg
十二曲りもなんのその
429.jpg

そのあとは木道をひたすら歩いて下山完了。
温泉はりんごの湯に行きました。露天風呂が点検のため使用不可でした。


そんな感じの妙高・火打。
自分なりのイメージとしては木道やら木階段やら整備された道が多かったせいもあってか、お手軽な山行だったと思います。


参加者のみなさん、お疲れ様でした!!


写真:アザミさん、アベ
文:アベ





火打山頂へ向かう道すがら

元気な青年が現れました。
318_20111017233206.jpg
この頃のイナダは元気だった。



火打からテン場へ向かう道すがら

お猿さんが現れました。
377.jpg
とても元気なお猿さんでした。


同じく火打からテン場へ向かう道すがら

道端の植物を食べました。
356.jpg
共食いです。
注)実際は食べていません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

信州大学山歩会

Author:信州大学山歩会
信州大学山歩会のブログへようこそ!

こちらでは
・企画の予定
・活動報告
等を中心に更新していきたいと思います。


もし何か質問、入会希望などございましたらこちらへメール下さい。
sampokai09@gmail.com
もちろんコメントでもお待ちしてます!

最新記事
カテゴリ

openclose

最新コメント
山歩会掲示板
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
  • 山歩会掲示板
  • 管理画面
  • QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。