スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯俣

10月16日17日で湯俣へ行ってきました
駐車場PA160001.jpg
ここでなんと杉山さんに会いました
杉山さんも踏岳会の方々と湯俣に温泉を
堀りに行くとのことでした
高瀬ダムで集合写真
syuugou.jpg
まず3時間くらい平坦な道を歩きました
2_20101018223444.jpg
平坦なんでサクサク行きました
y07.jpg
まぁ個人的には肩痛くて死にそうでした

でテン場
y04.jpg
テント張る
アクシデント
山歩会新テント「ラウンドワン」のポール忘れました
急きょ荷物入れる用に持っていった「源太」と「一畳半」も
使うことに
まぁ結局二人ほど外で寝ましたが・・・

いよいよ温泉掘り
まずは川渡り
PA170043.jpg
さっそくタイガのサンダルが流されました

ダム作り
y03.jpg
風呂作り
PA160005.jpg
時間切れで二日目に持ち越し

でも一応はいりました
y08.jpg
あつい冷たいあつい冷たい
な感じでした
難しい

帰って飯の準備
ご飯
・キムチ鍋×2
・よせ鍋
・お酒いっぱい
たき火もしました
チョコバナナしたり
イカを焼いたり
あいつとあいつできてんじゃね?話をしたり(男×男)
ヒトラとマツザワ
PA160019.jpg
みんなでたき火を囲んで
PA160032.jpg
10時くらいに就寝

2日目
6時起床
朝飯
y01.jpg
・パスタ
・温泉卵のつもりでつくったけどミスったゆで卵
飯食って風呂作り2回戦
できました
PA170036.jpg
一日目よりいい感じになりました
この日はヒトラがサンダル流しました
あとナガセが山靴を川にほおるという珍プレー
を見せました
素晴らしいコントロールでした
PA170040.jpg
この写真の後ろのほうに必死に川を流れる山靴を
追うナガセが写ってます

時間になり
テント撤収して
帰りました
かえりはラストのトンネルで男共が
競争して全力疾走
オガワラさんが一着でした

そんな感じの山行?でした
楽しかったです
企画者のアキツお疲れ様でした

写真:シゲさん、タイガ、コンドー
文:コンドー

スポンサーサイト

白馬鑓温泉

10月11日に白馬鑓温泉に行ってきました。
登ってるときガっスガス・・・
PA110452.jpg
ガスが晴れた
PA110458.jpg
いー天気です
温泉に着きました
PA110462.jpg
硫黄泉です
あつい
くさい
痛い・・・

海パン持っていきましたが
温泉はとてもとても開放感にあふれ
他の方々も開放的だったので
自分らも開放的になりました

PA110466.jpg
きわどい
他の写真はきわどいとゆうか
あれなんでやめときます
PA110468_20101012134757.jpg
いー天気です
源泉
PA110485.jpg
においです
紅葉とガスと裸の2人
PA110484.jpg
紅葉もいいです
温泉に飽きちゃったので
散歩しました
集合写真です
PA110493.jpg
芝田さんいい笑顔
PA110500.jpg
いー景色です

紅葉終わってるかなと思いましたが
いい感じで景色がすごくよく楽しかったです


写真:ヒトラ
文:コンドー




四阿山

10月2日に四阿山に登ってきました。

ダボス駐車場を出て、根子岳のほうに登っていくと、かわいらしい牛さんが歓迎してくれました。
EA020030.jpg


10/2なので、紅葉していないのかなと思っていましたが、見事に色づいていてきれいでした。
EA020076.jpg


・・・もうそろそろで根子岳到着です。
EA020088.jpg


根子岳到着です。
雲海がきれいだったので、そちらのほうで集合写真を撮りました。
EA020096.jpg


どこもかしこも雲海だらけ・・・
EA020105.jpg


小休憩したあと、四阿山のほうに下ります。眼下に見える一本道はやっぱりきれいでした。
EA020193.jpg


尾根線上を歩くと生い茂った笹が見えました。でも・・・
EA020214.jpg

みんな濡れてびしょびしょになってしまいました。あの時は、寒かったなぁ・・・

そうこうしているうちに、どんどん登っていくと頂上が見えてきました。
EA020242.jpg


この階段を登ると・・・
EA020249.jpg


頂上です。このとき、9:30でした。
いい感じの朝食の時間です。
EA020281.jpg


左手を見ると、浅間山の煙がもくもく立っていました。
EA020310.jpg


10:00に下山開始。眼下をみるとまだ紅葉はところどころといった感じでしたが、思っていたよりはあったのでよかったです。
EA020406.jpg


12:10に下山しました。
登り3時間半、下り2時間半と有意義に過ごすことができました。
今回、朝早くからの出発にもかかわらず和気あいあいと過ごすことができたことに感謝します。
また、ドライバーの皆さんありがとうございました。


写真 タイガ君
文  じゅんじ

高妻山2352.8m

9月14日火曜日、高妻山を登ってきました。
t00.jpg
2006年元旦に長野市松代から撮影した、高妻山と戸隠連峰。高妻山は写真の一番高い山。

アップダウンの多い長い行程と降雨により、非常に大変な山行になりました。
t13.jpg
6時30分、戸隠牧場の駐車場をスタートです。見えている山塊は戸隠山。森の入り口まで牧場の中を歩いて行きます。
t12.jpg
大洞沢沿いに一不動小屋まで登ります。幾度も沢を渡ります。
t11.jpg
約1時間して、滑滝の鎖場です。一人ずつ慎重に登っていきます。
t09.jpg
ガレ場に水が流れているというような道を登ります。この先、帯岩、不動滝と滑落に注意しなければならない箇所が続きます。t07.jpg
鎖場の最後は不動滝の左横を登らなければなりません。下を見ると高度感があり、落ちたら助かりません。
t08.jpg
振り返ると東方に雲海。もうすっかり秋の空です。この日は気温も低めでした。遠くに志賀高原が見えています。
t05.jpg
スタートから1時間半ほどで一不動小屋。小休止です。
t04.jpg
遠くに見える三角形が高妻山です。修験道の山である高妻山は五地蔵山など、8か所のピークをこなさなければなりません。
t16.jpg
七薬師への登り。この後、八観音を過ぎて八丁ダルミまで大きく下ります。八丁ダルミから見る高妻山の姿は、これから別の山行が始まるようなそびえ方です。
t06.jpg
九勢至から見る高妻の峰。尾根に見える筋が登山道です。最後はかなりの急登。
t03.jpg
這いつくばっての登坂。最後の最後まで我々をイジメる山です。
t10.jpg
11時10分頂上に到着!
t02.jpg
あたりは雲に覆われ、途中見えていた北アルプスおろか、すぐ裏の乙妻山も見えません。雲の向こうは日本海のはず・・・。
t01.jpg
12時10分に下山を開始したのですが、急坂を下りきったところで土砂降りになりました。レインスーツを着用します。
七薬師の当たりで雨がやみ次第に晴れましたが、一不動からの大洞沢の下りでも霧が立ち込めてしまい、危険でした。
16時30分ごろ無事下山。10時間を山にいたことになります。お疲れ様です。
悪天候にはなりましたが、霧の中の幻想的な森や高山植物など登ってよかったこともありました。
温泉は長野市のうるおい館、夕飯はししとうで頂きました。

1年企画第一号だったわけですが、計画の立て方、各判断など課題が残りました。
次計画を立てるときは今回の経験を生かさねばと思いました。
参加してくださった皆さん、朝早くから車を出してくださった阿辻さんと小河原さん、そして去年の山行からアドバイスしていただいた先輩方、本当にありがとうございました。

企画者 森林科学1年 林 大河

写真 林 山下
文 林

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

tag : 高妻山 戸隠 日本百名山 山歩会

常念岳

9月5日に常念岳に日帰りで行ってきました。

メンバーは6人。

朝4時半に出発し、辺りが完全に明るくなるころには登山口である一ノ沢に到着していました。

登山口で登山届を提出した後は、黙々と樹林帯を歩きます。


途中何カ所かきれいな水の流れている水場がありました。

DSCN0430ed_20100911222409.jpg


暑いので非常に助かります。

顔を洗うとこれがまた気持いいのなんの。

タオル濡らして首に巻いておくのもいいですね。

下の写真は最終水場での休憩中の風景。
逆行ですね、はい。

DSCN0435ed.jpg


なんか紫のきれいな花も咲いてました。

大河さんいわく、なにかと有名なトリカブトらしいです。

あの猛毒があるやつですね。

DSCN0434ed.jpg


最終水場からしばらく歩くと常念小屋のある常念乗越に着きました。

すると目の前には槍ヶ岳が!

この時点でまだ9時半です。

DSCN0442ed.jpg

が、せっかくの槍もコンパクトデジカメで撮ったのでいまいち迫力が伝わってこないのが残念です。

あと圧縮したら画質悪くなりました。
すみません。


そして槍ヶ岳をはじめとする山々を横目に、山頂を目指して最後のガレ場を登ります。

道はこんな感じ↓

IMG_0836ed.jpg



登り切った先には360度の大パノラマが。

DSCN0446ed.jpg


山頂に着いたらようやくお昼ご飯です。

ミノルくんがサプライズでコーラを用意してきてくれました。

ありがとうございます!

DSCN0449ed.jpg


山頂での景色を満喫し、11時半には下山開始です。

途中、常念乗越で集合写真を撮りました。

IMGP1864ed.jpg

え?
5人しかいない?

いえいえ、ちゃんと6人いますよ。


写真を撮った後はがしがし下り、2時半頃には無事下山しました。


今回は天気にも恵まれた非常に楽しい山行でした。

企画者のミノル君、ドライバーのみなさん、ありがとうございました。

DSCN0436ed.jpg



文:ヤマシタ

写真:ヤマシタ、タイガ

プロフィール

信州大学山歩会

Author:信州大学山歩会
信州大学山歩会のブログへようこそ!

こちらでは
・企画の予定
・活動報告
等を中心に更新していきたいと思います。


もし何か質問、入会希望などございましたらこちらへメール下さい。
sampokai09@gmail.com
もちろんコメントでもお待ちしてます!

最新記事
カテゴリ

openclose

最新コメント
山歩会掲示板
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
  • 山歩会掲示板
  • 管理画面
  • QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。