スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の旅 4

3月10日(7日目)
今日は紋別に別れを告げ、マチコのおじいさんに次の目的地まで送っていただきました。

何から何までお世話になりました。

ありがとうございました。


607.jpg
・そして遂にやってきました、旭山動物園!

DSC_0487.jpg
・まずは名物アザラシ館。

518.jpg
・そして今回の目玉、キングペンギンのお散歩!

SDIM4304.jpg
・こっちはトンネル型水槽にいるペンギン。

DSC_0514.jpg
・これまた有名なホッキョクグマ。

DSC_0525.jpg
・こんなところで会えたオオワシ。できれば自然の中で見たかった・・・


今回は内容が非常に濃く写真が多いので飛ばし気味でいきます。

閉園間際まで動物園を堪能した後は旭川駅まで行き、再び電車で本日の寝床へと向かいます。


DSCN4462.jpg

631.jpg

DSCN4456.jpg


札幌近くの温泉で汗を流した後は森林公園駅まで行き、野幌森林公園内の駐車場で野宿です。

今回はテントを張り、最高レベルの防寒で臨みました。

おかげで爆睡です。



3月11日(8日目)

今日も朝早くから行動開始です。

その前に朝焼けの中で集合写真撮影。
DSCN4478ed.jpg

DSCN4474.jpg


今日は一日あべちゃんの故郷、札幌で過ごします。

山歩会では定番の朝マック、北海道大学の見学をした後は札幌市内を観光します。

ちなみにこの頃、北海道に帰省したあべちゃんは、函館でなんとウニイクラホタテ丼を食べてました。

DSCN4488.jpg
・旧北海道庁。

DSCN4492.jpg
・札幌タワー

そして札幌ファクトリーで買いものをし、本日のメイン、札幌ビール工場のジンギスカン食べ放題へ。

DSCN4504.jpg
・ヒグマと一緒。

DSCN4506.jpg
・ここでもサッポロクラシック。

DSCN4508.jpg
・これが本場のジンギスカン。

DSCN4512.jpg
・ここでも暴走しだす人々。
 こんしゅさんは大泉洋のモノマネをしています。

DSCN4519.jpg
・満腹満腹。


結局あべちゃんには伝達が上手くいかず会えませんでした。

そしてこの後はまた電車に乗り、南小樽駅を目指します。

今回は小樽港にある新日本海フェリーの建物前が野宿ポイントです。

道に迷いながらも、日付が変わる前にはなんとかたどり着きました。

野宿も今日が最後。

ここまで来ると、徐々に旅が終わってしまうという寂しさが募ってきます。

とにかく最後まで楽しみ尽してやろう。




3月12日(9日目)


はい、朝です。

実はこんなところで寝てました↓
IMG_1101.jpg
・こんなところ。
 黄色いのが山歩会のテントです。
 野宿には最適なポイントでした。


今日は一日小樽で過ごします。

宿(今回は野宿ではなくちゃんとした宿です!)に荷物を置いていざ出陣。

718.jpg
・小樽といえばいろいろ有名なものがありますが、意外に知られていないのがローソク。
 オシャレで遊び心満載のローソクが沢山ありました。
 ちなみにここで先日迷惑電話をかけた山歩会員数名にお詫びの品を購入。

DSCN4534.jpg
・そしてもう一つ有名なのが小樽ガラス。
 ここはヴェネツィアンガラスも扱っている店。
 店内にはゴンドラが鎮座しています。乗ってみたい・・・

他にも北一硝子や小樽オルゴール堂など、有名な店が沢山あります。

一日遊べますね。


728.jpg
・疲れたので寝る。

DSCN4538.jpg
・そしてバターサンドで有名な六花亭でお茶。


765.jpg
・まだ寝る。


DSC_0591.jpg
・夜になりました。
 小樽に来たら絶対見ておきたいのが小樽運河の夜景です。

DSC_0594.jpg
・でもきれいに写真に撮るのはけっこう難しいもんです。

DSC_0608.jpg
・ほら、こんな風に背後霊とかが写っちゃう。

DSC_0618ed.jpg
・集合写真。ちょいピンボケです。
 シャッタースピードいじってるので残像がすごい。


768.jpg
・で、お酒飲んでまた寝る。
 おやすみなさい。



3月13日(10日目)

今日で遂に北海道とはお別れです。

荷物をまとめてフェリー乗り場へと向かいます。

DSCN4547.jpg
・あれが今回乗るライラック号。
 レストラン、映画館、ゲームセンターなど何でもあります。
 内装もすごくおしゃれ。

802.jpg
・10:30出港。
 「帰りたくねぇよぅ」

DSCN4559.jpg
・あぁ・・・北海道が遠ざかっていく・・・

DSCN4567.jpg

DSCN4550.jpg
・お腹がすいたので昼食。
 北海道に来たら食べておきたいものの一つ、焼きそば弁当をいただきます。
 でけぇ。


DSCN4559 (2)
・夜は慎ましく飲み会。
 のはずが、今回何度目かのあべちゃんへのいたずら電話で4人とも暴走。

しかし、消灯時間になる頃にはみんなおとなしく寝ました。



3月14日(最終日)

DSCN4562 (2)
・朝6時頃、新潟港へ接岸。


後は車で松本まで帰るだけ。


・・・と思いきや、この方が最後までやらかしてくれました。

862.jpg
JAF登場。
 どっかで車のカギを落としたそうです。
 さすが(?)こんしゅさん。


とりあえず無事車も動き、松本へ出発です。

途中、山歩会一まつやを愛する男マチコの要望により、左手に見えるまつやには全部寄ることに。

しかし、飢えた4人はいっこうに現れないまつやに痺れを切らし、吉野家で妥協。

ところが吉野家を出て数分後になんとまつや登場。

もちろん寄りました。

いやぁ~、バカでした。

DSCN4574.jpg
・日本海にも寄りました。


DSCN4580.jpg
・なつかしの北アルプスがお出迎え。


そしてお昼すぎには無事松本到着。

長いようで短かった旅でした。

大学生活も後半になってくると、もう気の置けないメンツで長期の旅をするってこともできなくなるんだろうなぁ、と思ってしまいます。

でもいつかまた、このような旅をしてみたいものです。

ほんと、一生モンの思い出になりました。

また、とても長ったらしいこの記事を読んでくれたみなさんもありがとうございます。

そして何より、今回大変お世話になったマチコのおじいさん、宿泊施設のオーナーさん、本当にありがとうございました。




DSC_0534.jpg





企画:あざみ
写真:あざみ マチコ やました
文責:やました
スポンサーサイト

続きを読む

北海道の旅 3

3月8日(5日目)
夜が明けました。

暖かい布団でぬくぬくでした。

だんだん過酷な旅とは言えなくなってきている気がしますが、まぁそこは気にしない方向でいきます。


さて、今日はマチコのおじいさんが流氷破砕船ガリンコ号に乗せてくださるということで、お昼前に紋別港へ。

ちなみにこの約1時間前、近所を散歩していた山下は道を間違え迷子になっていました。


348_20120416221029.jpg


DSC_0329.jpg
・これがテレビとかでよく見る流氷破砕船。
 船体に付いているドリルでガリガリ進んで行きます。

DSC_0281.jpg
・そして目の前には見たこともないような光景が次々と。

DSC_0279.jpg

DSC_0268_20120416222008.jpg
・♪かもめぇ~が翔んだぁ~ かもめぇ~が翔んだぁ~ あなたは 一人で 生きられるのねぇ~
 *「かもめが翔んだ日」渡辺真知子 より

DSC_0265.jpg
・テンション上がっております。

DSC_0273.jpg
・ただし写真を撮るときは本気モードで行きます。
 By まさたろう

DSC_0287.jpg
・船尾からは通ってきた道筋がわかります。

DSC_0282.jpg
・昨日酔って暴走した二人。
 若干疲れてる・・・?

今回は波が高く沖まで出られませんでしたが、みな人生初の流氷とあり大満足でした。

月並みなことしか書けませんが、流氷が海を埋め尽くす光景はほんとに感動します。

お金と時間をかけてでも見に行く価値は十分あると思います。

ただ、流氷はいつでも接岸しているわけではなく、風などの天候次第、と運まかせですが。


この後は近くにあるガリンコタワーという海中を覗けるタワーへ。

しかし、海中は濁って何も見えませんでしたが、併設されている水族館はけっこう良かったです。
DSC_0304.jpg
・あざみとオオカミウオ

DSC_0307.jpg
・あざみとカニ

DSC_0318.jpg
・あざみとドクターフィッシュ
 これでお肌ツルツル。

DSC_0311.jpg
・で、これがあのクリオネ。


思う存分堪能し、日が暮れた頃、なんと焼肉へ行くことに。

もう過酷ではなくゆとり旅になってきました。

でもそんなこと気にしません。

山歩会ですから。







3月9日(6日目)

紋別滞在3日目です。

この日は泊めてもらったお礼にお手伝い。

木材などが置いてあるアトリエの整理と、入口前に張った氷をつるはしで砕く作業です。

ここでは看板などの他に、カヌーなんかも作るのだとか。

そのための木材がたくさん置かれています。

DSCN4407.jpg

DSCN4412.jpg


お手伝い終了後は近くの展望台へ。

DSC_0375.jpg
・奥に見えるのが展望台。
 オホーツク・スカイタワーという洒落た名前を持っています。

DSC_0380.jpg
・あたり一面銀世界。

DSC_0381.jpg
・紋別港の方向。

426_20120416222008.jpg
・そして5人で記念写真。

DSC_0413.jpg
・ここでもはしゃぐ人。

433.jpg
・後ろから狙い撃つ、いや、狙い撮る。


そして今度は船着き場へ見学に。

DSC_0417.jpg
・船のスクリューを撮るマチコ。

DSC_0445.jpg
・陸に上がった船はとにかくでかい。
 またスクリューを撮るマチコ。

DSC_0420.jpg

DSC_0426.jpg


DSC_0429.jpg
・なんだか楽しくなっちゃったのか、とうとう上着を脱ぎ捨て暴れだす子も。


DSC_0432.jpg
・そしてフラフラと海へ向かって行きます。

DSC_0434.jpg

DSC_0437.jpg
・で、釧路に続きここでも靴が水没。

DSC_0438.jpg
・叫びながら引き返してきました。



丸1日ゆったりした後は晩御飯です。

今回は自分たちで作るようにとのことなので、さっそく買い出しへ。

461.jpg
・その前にスクラッチで軍資金集め。
 「俺は当たる」とこんしゅさん。


まぁもちろんみんな外れたので、大人しくお金を出し合い鍋の材料を買います。

で、できあがったのがこれ↓

DSCN4432.jpg

真っ二つになったタラの顔が浮かぶ、阿鼻叫喚鍋のできあがり。

でもこれ、ブリや鳥団子や白子などけっこう豪華なものも入ってます。

479.jpg
・今日もこんなに飲みました。


こんな感じで紋別での日々は終了するのでした。

マチコのおじいさんを始め、宿泊施設のオーナーさんたちには本当にお世話になりました。

お陰様で楽しい3日間を過ごすことができました。

ありがとうございました。


次回はおそらく最終回。

旅もいよいよクライマックスです。

果たして旅の最後に待っていた悲劇とは・・・?







おまけ その3

特別ネタもないので、あざみ7変化をお送りします。

DSC_0298.jpg
①紋太くん

DSC_0299.jpg
②一日艦長

CSC_0468.jpg
③キューピット

DSCN4288.jpg
④なまはげ
 ※こちらの伝達ミスで写真が先に流出していたとの報告を受けました。
  というわけでなまはげ2度目の登場。

DSC_0042.jpg
⑤浮浪者

DSCN4409.jpg
⑥労働者

IMG_0994_20120430161856.jpg
⑦ストレッチマン

北海道の旅 2

3月7日(4日目)

朝を迎えました。

かなりの寒さで、特に足元が冷えました。

北海道の洗礼を受けた感じ。

でも釧路のサラリーマンの話では厳冬期は-20℃以下というんだから、今回はまだ良い方なんでしょう。

元気を出すため、昨日ラーメン屋のおばちゃんにもらった茹で卵を食べます。
224_convert_20120405234116.jpg

卵を守る人
 ・卵を握りしめる怪人。(当時三年生)

そして電車に乗り、朝飯を食べに再び釧路へ戻ります。

226_convert_20120405234204.jpg
・釧路は今日も雪でした。
 さっそく今回の目的地である市場へ突入。

DSC_0070_convert_20120405234440.jpg
・釧路と言えば「勝手丼」。
 ご飯を買い、各店で好みの魚介類を買って自分だけの海鮮丼を作る、という面白そうな方式。

232_convert_20120405234237.jpg
おっちゃん:「うちのおススメは○○(←忘れた)だね。乗っけるかい?」
自分:「あ、お願いします」
おっちゃん:「あんたの魚ばっかだね。エビとか乗っけるかい?3匹で○○円だよ」
自分:「あー、じゃあお願いします」
おっちゃん:「あんたウニは嫌いかい?」
自分:「食べたことないです」
おっちゃん:「じゃあ食っていきな。乗っけるかい?」
自分:「あ、はい・・・」
おっちゃん:「イクラは食ったことあるかい?」
自分:「イクラは好きです」
おっちゃん:「よしよし、じゃあ乗っけるかい?」
自分:「・・・もういいです」

市場の人たちは基本的に強い。


DSC_0066_convert_20120405234411.jpg
・見た目はすごいが総額もすごいことに。
 ここの方式が災いしました。
 結局イクラが乗ってます。


237_convert_20120405234313.jpg
・でもやっぱり美味い。

DSC_0065_convert_20120405234342.jpg
・ちなみに今回あざみくんはスニーカーで来たために、雪解け水でびちゃびちゃになった道で靴を水没させました。
 なお、自分はランニングシューズで行こうとしてましたが、マチコに山靴を借りて難を逃れました。
 バカでした。

DSC_0079_convert_20120406215453.jpg
・食べた後はやっぱり甘いもんが欲しくなる、ってことで和菓子屋へ。

DSC_0083_convert_20120405234510.jpg
・相変わらず美味そうに食べるね、君は。
 

食うだけ食ったら再び釧路駅に戻ります。

戻ると言っても電車が来るまではすることもありません。

そこで・・・




DSC_0096_convert_20120406215614.jpg
・今では珍しいSLが来ているというので見てきました!
 ヘッドライトが2つあるのが特徴だそうです。
 ちなみに名前は「SL 冬の湿原号」。

DSC_0090_convert_20120406215545.jpg
・あざみ撮影。
 
261_convert_20120406222033.jpg
・「鉄道サークルかよ、おい」の図。
 鉄ちゃんぽい人から観光客まで、色んな人が写真を撮ってました。
 


そして12:15発の電車に乗り、釧路湿原駅を目指します。


DSC_0103_convert_20120406215701.jpg
・着きました。
 このあたりは無人駅が多いです。
 まぁ無人駅の数なら長野県だって負けてないでしょうね。

DSC_0104_convert_20120406215731.jpg
・駅舎もなかなか良い感じ。

DSC_0108_convert_20120406215758.jpg
・遂に山歩会が釧路湿原展望台へ突入します。
 
DSC_0111_convert_20120406215840.jpg
・こんしゅさん沈没。
 油断すると膝くらいまで一気にはまります・・・

DSC_0127_convert_20120406220010.jpg
・しかし、登り切った先は絶景が!

DSC_0142_convert_20120406220144.jpg
・野生児にも遭遇しました。

DSC_0125_convert_20120406215939.jpg
・釧路湿原でもこのポーズ。
 実はこのとき上空をオジロワシが飛んでたんですが、ファインダーに入りませんでした。


DSC_0146_convert_20120406220210.jpg
・また食う人。
 食べているのは市場で買った和菓子。

DSC_0133_convert_20120406220049.jpg
・はしゃぐ人々。

DSC_0161_convert_20120406220235.jpg

DSC_0119_convert_20120406215910.jpg

DSC_0169_convert_20120406220309.jpg
・徐々にマチコの扱いがひどくなっている気がします。



さて、ここでも記念写真を撮ろう!ということになりました。

バックはもちろん釧路湿原ということで、バカたちは頑張りました。

電車の時間が迫っているにもかかわらず、ただひたすら頑張りました。

その汗と涙と努力の結晶がこちらです。





DSC_0188_convert_20120406221714.jpg

いい記念になりました、ホントに。

一応言っておきますが、あざみくんとこんしゅさんは手を繋いでるわけじゃありません。

さあ、後は網走行きの電車に間に合うよう下りるだけです。


300_convert_20120406222056.jpg
・しかし、なんとここでこんしゅさんが撃沈。
 雪面へ倒れこんでしまいました。


329.jpg
・なんとか電車には間に合いました。
 こんしゅさんもう飲んでる。

DSCN4383.jpg
・網走に着きました。
 駅構内には網走監獄の顔出し(?)パネルがあります。


網走で乗り換えて、今度は遠軽まで行きます。


DSCN4384.jpg
・遠軽到着。
 既に20時半。


そして駅までなんとマチコのおじいさんが迎えに来てくださいました!

ここから車で一気に紋別にある宿泊施設まで直行です。

当初はヒッチハイクで紋別まで行く予定でしたが、実際このあたりはほとんど車は走ってないそうです。

危ないところでした・・・


334.jpg
・そして飲み会に突入。
 一緒に写っている方がマチコのおじいさんです。
 ※掲載の許可は得ています。


DSC_0193.jpg
・こんしゅさんは暴走モードに突入。
 今日の山歩会はいろんなところに突入します。


まさかこんな快適な空間で一夜を明かせるとは思ってもいませんでした。

本当にありがとうございました。

そして酔った連中からの迷惑電話を受けた数名の山歩会の方々、本当にすみませんでした。


紋別での出来事はまた次回。










・おまけ その2

先ほど紹介した釧路湿原での記念写真ですが、あれを撮るまでには多くの苦難と挫折がありました。

ここではその成功までの軌跡を紹介します。


DSC_0174_convert_20120406220335.jpg
・テイク1

DSC_0175_convert_20120406220401.jpg
・テイク2

DSC_0177_convert_20120406220426.jpg
・テイク3

DSC_0178_convert_20120406220450.jpg
・テイク4

DSC_0179_convert_20120406220514.jpg
・失敗

DSC_0181_convert_20120406220544.jpg
・テイク5

DSC_0184_convert_20120406220655.jpg
・テイク6

DSC_0185_convert_20120406220722.jpg
・テイク7

DSC_0186_convert_20120406220750.jpg
・テイク8

DSC_0187_convert_20120406220817.jpg
・テイク9

DSC_0188_convert_20120406221714.jpg
・OK


これ以外に削除したものを含めると、20枚近くになります。

みなさんお疲れ様でした。

そして、このしょうもないおまけを見てくださった方々もお疲れ様でした。


ちなみに下のが今日の行程です。
JRHOKKIADO471k_convert_20120403224901ed2ed.jpg



おまけ その2.5


実は紋別での飲み会のとき、なんとカニをもらってしまいました!

337.jpg

北海道の旅 1

3月4日から14日にかけて、電車で北海道を旅してきました。

当初、基本野宿、飯も食えるかわからない、という名目でこの企画は立ちました。

そんな過酷な旅に参加した旅人たちをまずは紹介します。


DSCN4370_convert_20120402235909ed3.jpg
・毎度おなじみの現会長。
 この旅の企画者です。


DSC_0270_convert_20120330162348ed2.jpg
・いくつもの通り名を持つ男。
 基本的にはマチコ。


DSC_0067_convert_20120330162431ed2.jpg
・筆者。


DSC_0471_convert_20120330161918ed2.jpg
・唯一の3年生(当時)。
 この春華麗に進級されました。



3月4日(1日目)

午後8時に松本へ集合した4人は、1年生に盛大に見送られながら出発しました。

中でもあべちゃんの目には光るものが。

「おれも一緒に行きたかった」

そんな熱い思いが伝わってくるようでした。

1年生たちに勇気づけられ、4人はまずは新潟フェリーターミナルを目指して車を走らせました。

005_convert_20120405161959.jpg
・あべちゃんが泣きながら撮ってくれた写真。


※上記の文中にはかなり誤りがあります。


途中マチコが愛して止まないまつやに寄ったり、ターミナルの駐車場がわからなかったりと紆余曲折あり、結局仮眠を取れたのは5日の午前4時頃でした。



3月5日(2日目)

この日は6:08発の電車に乗るため、ターミナルから新潟駅まで歩きます。

DSCN4276_convert_20120331000403.jpg
・始まりの駅、新潟。
 こんしゅさんは早くも傘をどっかに置き忘れます。

013_convert_20120405160237.jpg
・新発田(しばた)駅で羽越本線に乗り換えて酒田まで。
 車内は通学途中の高校生で大混雑でした・・・

DSCN4279_convert_20120331000505.jpg
・高校生たちが降り、やっと寝られます。

DSCN4281_convert_20120331000559.jpg
・酒田駅で再び乗り換えて秋田を目指します。


で、秋田駅で昼食を食べ(今回は比内地鶏の親子丼!)、今度は奥羽本線で青森まで行きます。


DSCN4302_convert_20120331000719.jpg
・長い時間停車していた大館駅では、ちょっと降りて遊んでました。

DSCN4303_convert_20120405171334.jpg
・こんな感じでポーズを決めているあざみくんですが、数分前に電車の押しボタン式ドアにうっかり挟まっています。

DSCN4309_convert_20120405170121.jpg
・そして19時頃に青森へ到着。
 青森駅周辺で飯屋を探すも、どこも閉まっとる・・・
 若干の危機感が募ります。


076_convert_20120405160433.jpg
・なんとか定食屋で晩飯を済ませた後、おもむろに銀河高原ビールを飲みだす人。

DSCN4316_convert_20120405170419.jpg
・こっちも。


さて、次は今回の目玉の一つ、ブルートレインの「はまなす」に乗ります。

DSCN4329_convert_20120405170501.jpg
・来ました。うほほ~い。
 写真撮ってる人が沢山いました。

091_convert_20120405160511.jpg

094_convert_20120405160536.jpg
・車内はこんな感じ。リクライニング調節がしにくいので、寝るのに一苦労。
 マチコの髪がやたらストレートになっとるのは、彼の髪は疲れの度合いによって巻き具合が変化する性質だからです。


さぁ、こっからは苫小牧までは乗りっぱなしです。

途中、青函トンネル、函館、長万部などを通ります。

あざみくんはちゃんと起きてたようですね。

ちなみにマチコの髪にそんな性質はありません。



3月6日(3日目)

DSCN4332_convert_20120405170619.jpg
・AM5:01。気付けば苫小牧。ここではまなすとはお別れです。


さて、とりあえず北海道上陸を果たしましたが、どうにも実感が湧きません。

なんてこったい。


108_convert_20120405160643.jpg
・う~ん、やっぱり北海道だなぁ。

で、ここからは追分、新夕張、新得と乗り継ぎ、帯広を目指します。

128_convert_20120405170832.jpg
・新夕張・新得間はなんと特急スーパーとかちを使います!
 なんか鉄道サークルみたいになってきた・・・
 さっきから電車しか写ってねぇ。

DSCN4345_convert_20120405182916.jpg
・さぁさぁ、帯広に着きました。
 

そして、みんなの思いはただ一つ。

風呂に入りたい。

というわけで・・・


154_convert_20120405160800.jpg
・久々のお風呂。
 なんかさびれたホテルの中にありました。
 管理人の話では、「北海道で最初に湧いた温泉で、抜群の効能をもつ温泉」なんだとか。
 でも実際はお湯はぬるいし、若干ぬるぬるしとるし、シャワーは水しか出んし、脱衣所の扇風機回らんし・・・


DSCN4346_convert_20120405170942.jpg
・でもまぁ、ようやく風呂に入れたので、今度は飯。
 帯広名物だという豚丼を食べました。
 もう14時回ってます。

172_convert_20120405160901.jpg
・帯広から今度は釧路へ。
 することもないし、飲んで寝るしかない。

185_convert_20120405160932.jpg
・釧路着いた。
 既に20時前・・・

190_convert_20120405161003.jpg
・晩飯はアリオの最上階にある「港の屋台」でラーメンを食べました。
 そしてお店の方々やサラリーマンたちとお喋り。
 こういうのいいですね。
 ラーメン屋のおばちゃんに茹で卵もらいました。

DSCN4358_convert_20120405171009.jpg
・釧路の街並。

DSC_0013_convert_20120405161140.jpg
・ここから見る夜景がきれいだというなんちゃら橋。
 ・・・すいません名前覚えてないです。


そして21:52発の電車で本日の宿へと向かいます。


DSC_0035_convert_20120405161208.jpg
・22時過ぎに細岡駅で下車。


215_convert_20120405162032.jpg
・そしてここが本日の宿です!
 そうです、細岡駅の待合室です。
 水道・トイレ完備と完璧。


DSC_0048_convert_20120405161331.jpg
・テンション上がりすぎて寝られないので、とりあえず遊びます。

DSC_0053_convert_20120405161404.jpg
・あんなことや・・・

DSC_0063_convert_20120405161431.jpg
・こんなことも!

DSC_0054_convert_20120405182753.jpg
・あざみ作、「うし」。・・・うし?

DSC_0055_convert_20120405182821.jpg
・もう小学生がすること。



こんなことしているうちに0時を過ぎていました。

さぁ今回初の野宿、一体どうなるのでしょうか・・・?



続く。







・おまけ

098_convert_20120405160610.jpg
・今回お世話になった切符。
 北海道&東日本パスと、はまなすの急行券。


JRHOKKIADO471k_convert_201203292309271.jpg
・苫小牧~細岡までの移動経路です。
 その距離およそ330キロ。


 おまけその2
 なまはげ
 ・なまはげってそういうことじゃないでしょ。

 がおー!
 ・がおーっ!  

新しくしろラーメン
 ・「新くしろラーメン」…「新しくしろラーメン」と空見したあなたは僕と友達。

銀河高原ビール
 ・今日のビール一本目。「銀河高原ビール」酵母入りの白ビール。苦みはほとんどないです。

札幌クラシック
 ・今日のビール二本目。「札幌クラシック」北海道と言えばコレ!北海道限定!美味い!北海道にいる間は大体コレを飲んでました。
プロフィール

信州大学山歩会

Author:信州大学山歩会
信州大学山歩会のブログへようこそ!

こちらでは
・企画の予定
・活動報告
等を中心に更新していきたいと思います。


もし何か質問、入会希望などございましたらこちらへメール下さい。
sampokai09@gmail.com
もちろんコメントでもお待ちしてます!

最新記事
カテゴリ

openclose

最新コメント
山歩会掲示板
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
  • 山歩会掲示板
  • 管理画面
  • QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。