スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲ノ平 パート3

・最終日

遂に最終日です。

今日は午前1時起床、3時出発です。

やはり尋常じゃなく寒いので、テントの中で朝飯を済ませます。

黒部五郎の山頂で御来光を拝むためにも、遅れるわけにはいきません。


まだけっこう暗いです。
ヘッドライトが欠かせません。
423_20111229212446.jpg


ところで、黒部五郎岳はカールで有名で、晴れているととても美しい山です。




、まだ夜なので景色なんて全く見えません・・・

明るければとてもきれいだという場所を無言で過ぎ去り、歩くこと1時間半ほど。

なんと予定よりも早く頂上に着いてしまいました。


とりあえず山頂で記念撮影です。
P9290578.jpg


ここで、御来光を見るため待つか、それとも進むかで議論。


その結果・・・




先へ進みました。

寒くて待ってなんかいられません。


そしてだんだんと夜が明けてきます。

山での朝日はなんだかホッとしますね。
P9290582.jpg

DSCN3121_convert_201112281309492.jpg

いやぁ、もうすっかり明るいです。
DSCN3350_convert_20111231173659.jpg


朝日を浴びて歩くあざみ。
DSCN3363_convert_20111228124147.jpg


朝もやの中を歩くあざみ。
DSCN3355_convert_20111231171208.jpg


変顔のあざみ。
DSCN3359_convert_20111231172751.jpg


黒部五郎を過ぎたら、赤木岳、北ノ俣岳を通過して、1日目に通った太郎平小屋に戻ります。

これで雲ノ平に沿って1周したことになります。

なんか感動しますね。



そのとき「おっ」と声をあげるこんしゅさん。

そこには自分の影が虹色の円の中に映るブロッケン現象が!!
DSCN3344_convert_20111231172012.jpg


おぉぉぉ~
DSCN3346_convert_20111231172539.jpg


ちょっと変わった集合写真。
P9290591.jpg

この後ブロッケン現象は徐々に消えていきました。

オコジョといいブロッケンといい、今回はラッキーです。

あとライチョウが見られれば完璧だったんですけど・・・



で、北ノ俣岳山頂で記念撮影。
「俣」っつうことで、なぜか力士っぽいポーズ。
深くは聞かないでください。
P9290606.jpg



そろそろ小屋が見えてきました。
494.jpg


あとはただひたすら歩くのみ。
489.jpg



と、その前に太郎山へ寄り道。
みんなバラバラ・・・
P9290609.jpg


無事、太郎平小屋に到着です!
DSCN3368_convert_20111228124411.jpg



と言ってもまだゴールじゃないんですけどね。

ここから1日目に登った道を引き返します。

むしろここからがだるいんです。

ちなみにこの時点でまだ朝9時前ですが、ここで早すぎる昼食(?)をとります。


そしてだらだらと来た道を下り、お昼頃ようやく下山です!

4日間お疲れ様でした!!
P9290614.jpg


そして再び4時間かけて松本へ戻りました。

こんしゅさん、企画と運転本当にお疲れ様です。

とても楽しく濃い4日間を過ごすことができました。

ありがとうございました!


やっぱり泊まり登山は良いですね。うん、泊まり登山は良いです。

大事なことなので2回言いました。

そして、ここまでこの長ったらしい記事を読んでくださったみなさん、ありがとうございました。



写真:こんしゅさん、あざみ、あべ、やました
文責:やました
スポンサーサイト

雲ノ平 パート2

・3日目


今日は午前3時起きですよ。

クソ寒いです。

フライは凍ってパリパリでした。

それでも今日も元気に生きてます。
P9270523.jpg


朝飯を済ませて凍ったテントをどうにか畳んだら、まだ暗い中を出発です。

今日はピークを3つもとり、黒部五郎キャンプ場まで8時間ちょいかけて行く予定です。

そしてこの凍ったテントが、のちに災いをもたらすことに・・・



ちょっと明るくなってきました。
208_20111229211453.jpg

道凍ってました。
209_20111229211943.jpg


チングルマも凍っとる・・・
DSCN3269ed_convert_20111226235553.jpg


凍った道をずんずん進んでいくと、開けたところに出ました。

そして待望の朝日が!
DSCN3274ed_convert_20111226235833.jpg


ついでに祖父岳(“じいだけ”と読むのかな?この流れだと)の頂上で記念撮影です。
腰を曲げておじいさんのポーズ。
P9280530.jpg


あ、槍だ!
DSCN3276_convert_20111226235959.jpg


どんどん暖かくなってきました。
う~れし~い。
274.jpg

岩苔乗越を過ぎたら、まずは水晶岳にアタックです。

けっこう急な登りが続きます。

水晶小屋でメインザックを下ろし、一気に頂上まで行きました。

とげとげしててカッコいいですね。
296.jpg


そして頂上で記念撮影。

ちなみにここから涸沢のメーリスを回しました。

あれ写真付きだったんですが、みなさん気付きましたか・・・?
P9280536.jpg


水晶岳にさよならしたら、今度は鷲羽岳へ向かいます。

途中にあった影の薄いワリモ岳。
P9280540.jpg


稜線歩きを満喫しつつ、鷲羽岳山頂へとうちゃーく。

鷲と言ったらこのポーズ。
P9280541.jpg


一息ついたら、今度は三俣蓮華岳へ向かいます。


槍と鷲羽池(たしか)。
327.jpg


途中の三俣山荘で休憩。

三俣山荘はかなりいい感じの場所でした。

あべちゃんが住みたいって言うくらい。
DSCN3296ed_convert_20111227000321.jpg


そして三俣蓮華の山頂に到着です。

山頂直下の辺りがしんどい山でした。
P9280554.jpg


さて、後は黒部五郎キャンプ場を目指すだけです。

たらたら歩いてやっと到着。

なんかのどかでいい所。
DSCN3305_convert_20111229222307.jpg


CDのジャケットかい。
108_20111229211049.jpg



さてここで問題発生。

半分凍ったまま畳んだテントを出したら、氷が溶けてびちゃびちゃに・・・

あ~あ、ってなって仕方なく干しました。

せっかくなので、服も一緒に干すことに。





そしたらまたこの男が暴走し始めました。

P9260470.jpg


あ~あ・・・
358.jpg


あべちゃん、すごい楽しそう。
DSCN3308_convert_20111228123914.jpg



そんなこんなで日が暮れる前に就寝です。

明日は午前1時起床ですからね。

ちなみに今日の晩飯は、焼きビーフンとマーボー春雨でした。


続く。












おまけ・「寂しいときぃ~」

あざみ:「んっ?あれは何だ?」
391.jpg


↓あれ
390.jpg


こんしゅさん:「ふふふ、これはな・・・」
392.jpg


こんしゅさん:「こう使うんだよ!」
DSCN3312_convert_20111227000452.jpg

あべちゃん:「ぷっ・・・」
あざみ:「こんしゅさん、寂しくなったらそれチューチュー吸うんですか?」
こんしゅさん:「うるせーよ」
あざみ:「あっ、涸沢のときは哺乳瓶もってきてくださいよ!」
こんしゅさん:「お前が哺乳瓶買ってくるならいいよ」
あざみ:「いいんですか!?俺ほんとに買ってきますよ!?」
あべちゃん:「ぷっ・・・」


こうして黒部五郎の夜は更けていきました。




写真:こんしゅさん、あざみ、あべ、やました
文責:やました

雲ノ平 パート1

もう2011年も終わろうとしてますが、今年9月末に行った雲ノ平の報告をしたいと思います。

大変遅くなってしまいすみません。



さて、今回は3泊4日と今年1番長い泊まり山行です。

まずメンバー紹介。

426.jpg
・こんしゅさん
 頼りになる山男であり企画者。
 でも今回の山行では、あざみにイジられること多数。


110_20111229211108.jpg
・あざみ
 見た目は大人、頭脳は子供。
 でも頼りになる山男。


DSCN3127_convert_20111228131139.jpg
・あべちゃん
 唯一の1年生。
 今回も写真を撮りまくる元サッカー少年。


132.jpg
・やました(筆者)
 こんな写真しかありませんでした…



・1日目

さて、当日は朝4時にボックスへ集合し、4時間くらいかけて登山口のある折立へ到着。

今日の行程は登山口から薬師峠キャンプ場までで、所要時間5時間半です。

この日は薄曇りでしたが、暑くないので快適でした。

休憩中。
行動食にドライフルーツはいいな、と思いました。
DSCN3121_convert_20111228130949.jpg


振り向けばあざみ。
DSCN3134_convert_20111228131406.jpg


この日は何事もなく、昼頃には無事テン場に到着。

とりあえずお昼寝タイム。
014.jpg


で、起きたらすでに夕方。

晩飯の準備を始めます。
018.jpg


今日の晩飯はチゲ鍋!
019_20111229210744.jpg


そうこうするうちに、だんだん日が暮れてきました。
027_20111229210904.jpg


たそがれあべちゃん。
DSCN3153ed_convert_20111226234430.jpg


ニヤニヤこんしゅさん。
DSCN3159_convert_20111226234558.jpg


山での夕日は格別ですね。

やっぱり泊まり登山は最高です。

この後、お喋りしてコーヒー飲んで寝ました。




・2日目

朝6時頃起床という余裕プラン。

今日は今回の目玉、雲ノ平を目指します。

行くのに2日もかかる雲ノ平は、日本最後の秘境とも呼ばれています。

朝飯を済ませ、テントを畳んだら出発。


目の前に遮るものが何もありません!

歩いていてとても気持ちよかったです。
DSCN3180_convert_20111226235740.jpg


が、折り返し地点の薬師沢小屋からは急登が続きます。

えらかったです。
080_20111229210955.jpg


しかし、登った先は楽園、雲ノ平。

最初からMAX!
DSCN3226ed_convert_20111226234813.jpg


あざみ、こっち向いて!
DSCN3198_convert_20111230130247.jpg


アラスカ庭園で一休み。
DSCN3193_convert_20111229222121.jpg


ついでに祖母岳(“ばあだけ”と読むらしいです)に寄り道して、頂上で記念撮影です。
何気に今回初のピークハントです。
P9270506.jpg


遠くに見える赤い屋根の建物が雲ノ平小屋。
DSCN3221_convert_20111230130507.jpg


そして、今日も無事にテン場のある雲ノ平キャンプ場に到着です。

テントを張ったらとりあえず各々休憩。
131.jpg


133_20111229211229.jpg


しかし、明日は午前3時起床の予定なので、いつまでも休んでいられません。

晩飯の支度を始めます。
143.jpg

この時点で2日前に買った挽肉が変色。

あざみが「ミミズみたい」とか言ってましたが、焼きゃあ食えるってことでフライパンへ。


お腹をすかせたあざみくんが隣でうなってます。
144_20111229211308.jpg


完成。
今日はチンジャオロースと中華スープです。
163.jpg



と、そのとき、フードをかぶった珍獣が。
DSCN3253ed_convert_20111226235351.jpg



なんかボンバーマンみたい。

いつものようにふざけていると、突然あべちゃんが「あっ」と叫びました。

その視線の先には……

DSCN3250_convert_20111226234952.jpg


なんとオコジョです!

本当に珍獣が現れました。

しばらく目の前をチョロチョロしていて、みんなテンション上がりまくり。


同時にネズミも現れて、こんしゅさんテンション上がりまくり。

「捕まえろ!」と言って、追いかけて行きました。



そんな感じで2日目も終了するのでした。


続く。





写真:こんしゅさん、あざみ、あべちゃん、やました
文責:やました

草津

10月22日に草津に行ってきました!
なぜならば雨のせいで美ヶ原登山が中止に追い込まれたからです。

まずは草津白根山のひとつ「白根山」へ

1
白根山にある「湯釜」です。いい色してますね!
駐車場から徒歩10分のすごい山でした。

メンバーはこんな感じ
2
とてもいい天気でしたねとっても楽しい登山でした。

3
下山帰りは風がちょっとあったけど、全然許容範囲の内です。


登山の後は、草津温泉へ!!!

とりあえず足湯でまったり
4
心地よいpHと温度で、魂が抜ける思いでした。


 一行は、彼の有名な「西の河原温泉」に行くことに。道中いろんなことがありました。

5
こらこら、飛び込んじゃダメだよ!子供がみてるでしょ!

6
だから、入っちゃダメだって(笑)

途中分岐があり、二手に分かれ、ヒトラを信じて進んでくと、、、
迷子になっちゃいました。
7
道中、記念樹を発見!やったね
こっちの道に来た甲斐がありました。紅葉もきれいで、いい感じでした

8
温泉を目指して進んでいくと、、、そこには野生児が、、、
男湯は無防備なんですね。困ることはないけど、、、
ちなみに女湯は奥の塀の向こう側です(笑)
安部が必死に叫んでました。

9
だいぶ遅れましたが、無事に温泉につくことができました
この温泉はpHが約2と酸性のためか、刺激的な感じで面白かったです。

10
温泉のあとは、ソフトクリームを食べたり、温泉卵を食べたりと
おいしい時間を過ごしました。


一行は、草津を後にし、軽井沢のアウトレットへ

11
こういうところでの買い物もたまにはいいものですね。


そして~「華龍飯店」へ

12
「任しとけ!」と言わんばかりのヒトラ。戦場へ向かう勇ましい男って感じですね!

13
やっぱり上田といえば華龍だね
ノリノリな人、硬直してる人など様々です。

14
食べた後は、一休み。

餃子の大将
15
実は華龍はいっぱいだったので、餃子の大将に来ちゃいました。
量もそれなりで、おなかいっぱいになりましたおしかったです。

コンシュの家の前にて
16
ついに今日の旅も終りです。
稲川さんと芝田さんを盛大にお見送りして、締めくくりとなりました。


天候不順により美ヶ原には行くことができませんでしたが、
草津もそれなりに楽しんでいただけたのではないでしょうか。

今年は雨による中止が多いので、次は晴れるといいですね


企画・写真・文 あきつ

女子企画 北横岳

10月16日(日)

のんびり歩きたい女子向けの企画を立てました。

北横岳は八ヶ岳北部にあって展望が良く、池巡りや岩稜の三ツ岳などと組み合わせると面白いコースになります。
7月には堀さんと内山で下見を終えていたのですが、なかなか実現できませんでした。

DSC00110.jpg

朝7時に諏訪に集合し、ピラタス蓼科ロープウェイ乗り場に向かいます。
雨で順延のため参加者は2人減り、3人となってしまいましたが、元気に行きます。
松本からMyさん、伊那から井上さんと内山が参加しました。

ロープウェイ乗り場で
乗り場2

ロープウェイの終点、坪庭にはわずか7分で到着です。
雨の影響が残り、濃いガスで真っ白。何も見えませんが、徐々に晴れてくる見込みです。

登山届を提出して出発します。装備の確認、準備運動もしっかりやりました。
とにかく風が強いです。
でも耐風姿勢(笑)は必要なく、みんな自重でクリアします。

強風に煽られているような図
強風2

歩いているうちに、晴れ間がのぞき始めました。山頂からの展望に期待が高まります。
この山はシラビソなど針葉樹が主体なので、紅葉はあまり見られません。
DSC00071.jpg

雨上がりの森はとても良い香りがします。
登山道2


山頂(南峰)に到着です。タイミング良くガスが切れ、八ヶ岳南部と南アルプスが見えました。

北横岳は南北2つのピークがあり、三角点は低い方の南峰に置かれています。
標高は2472mです。
DSC00077.jpg

北峰にも行きましたが、またガスがかかってしまいました…
DSC00083.jpg

北横岳ヒュッテまで下りたところで、七ッ池を訪ねます。
七ッ池は大小10個ほどの湖沼群ですが、環境保全のために2つ目の池までしか立ち入ることができません。
DSC00090_20111027170057.jpgDSC00094.jpg


ヒュッテ前に戻り昼食です。

今回はお汁粉を用意しました。お弁当やお菓子を広げ、楽しくおしゃべりです。
みかんが季節を感じさせますね。
DSC00100.jpgDSC00098.jpg


食べ終える頃、天気はすっかり良くなりました。

ますますのんびりムードになって、ちょっと厳しい三ツ岳はあっさりキャンセル。
安全のために持ってきた装備のいくつかは、ただのお荷物になりました・・

目の前に広がる景色を眺めながらゆっくり歩きます。
DSC00105.jpg

朝とは打って変わって快晴の坪庭。
クロマメノキが赤く色付いています。
DSC00103.jpgDSC00107.jpg
DSC00109_20111027170153.jpg

下山後には売店オリジナルのこけももソフトを食べました。
ソフト2


時間に余裕があったので、車で20分ほどの女神湖に立ち寄りました。(右後方は蓼科山)
パノラマ 2

この後は、ビーナスライン沿いの米沢温泉塩壺の湯(泉質が良く、安くて広くてきれいです)で汗を流し、16時半頃、諏訪に戻って解散しました。

今回は参加人数は少なかったですが、天気にも恵まれ、のんびり楽しく安全に歩くという目標は達成できたかなと思います。
今後も身近な里の名山探索や、スノーシューイングなどを企画する予定です。

松本から来てくれたMyさん、単独で伊那往復をこなしてくれた井上さん、お疲れ様でした。
一緒に下見とプランニングをした堀さん、雨が痛かった守越さん、今回は残念でしたけれど、この次は他の人も誘ってみんなで和やかに歩きたいですね。


報告・写真 3年内山


プロフィール

信州大学山歩会

Author:信州大学山歩会
信州大学山歩会のブログへようこそ!

こちらでは
・企画の予定
・活動報告
等を中心に更新していきたいと思います。


もし何か質問、入会希望などございましたらこちらへメール下さい。
sampokai09@gmail.com
もちろんコメントでもお待ちしてます!

最新記事
カテゴリ

openclose

最新コメント
山歩会掲示板
月別アーカイブ
Monthly Archives
リンク
  • 山歩会掲示板
  • 管理画面
  • QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。